WEBサイト用の
端末認証(多要素認証)システム

ID/Passwordのみに頼らない、端末情報等を使用した多要素認証を行うことで、ID/Passwordの漏洩のリスクを回避できます。
ActiveX、JavaがインストールされていないWindowsPCでも利用可能です。
Edge、Chrome、IE、Firefoxなどで動作確認済みです、現在お使いのブラウザのまま利用できます。
端末の管理が簡単で、運用コストがかかりません。
ネットワーク情報の盗聴に対してきわめて堅固な、ワンタイム情報を使った認証を行っています。

シングルサインオン

利用者は、SecureMagicのログイン操作のみを行い、利用するWEBシステムのログイン操作をする必要がありません。
複数のWEBサイトの認証を統合することもできます。
各システムでユーザIDが異なっていてもかまいません。

安価で低コストなシステム

USBトークン機器、ワンタイムパスワード用機器といった認証用機材を使用しません。
証明機関発行のクライアント証明書も必要としないため、極めて安価に導入でき、運用コストもかかりません。
端末登録までの操作も極めて簡単で、運用コストがかかりません。

各種ブラウザ対応

ActiveXなどを使用する製品の場合、ブラウザがIEに限定されるなどの制限があります。
SecureMagicでは、IEはもちろん、今後標準的なブラウザとなるEdgeやChromeといったブラウザでもご利用いただけます。

Windowsでの認証機能

ユーザ操作によって消えてしまう領域(ブラウザのローカルストレージ領域)を使用しません。その為、利用者の利便性が高まります。

スマートフォン対応

スマートフォン用機能を標準装備しています。
スマートフォン用機能の場合、端末のハードウェア情報での識別は行いませんが、1つのユーザIDで利用できる端末を1台のみに制限することができます。
この機能は、ブラウザのローカルストレージ領域を使用しますが、Windows用の機能と同様の運用が可能で、現在使用されている(HTML5対応の)ブラウザのままご利用いただけます。

SAML認証

SAML認証に対応しているため、G-Mailを含むGSuite、サイボウズクラウド、SalesForceなどにもご利用いただけます。